雑記ブログ

支離滅裂雑記外伝

メチャクチャなことに意味がある

「食べると頭痛が起きる食材」ってどんなものがあるの?


頭痛を引き起こす、その原因となる食材に関して考える際には

基本的に、血管を拡張させるものに注意する必要があります。

 

それらは日常の中に潜んでおり、非常に気楽に口にしているものでもあります。

 

 

劇薬や毒物等で無い限り、致命的な頭痛にはなりにくいですが

知っているだけで防げることもあるため、頭の片隅に入れておきましょう。

 

血管を広げる成分に注意するべし

 

慢性的な頭痛に悩んでいる人の中で、一番症状が多い「片頭痛」

血管が広がることによって、引き起こされます。

 

その血管を、なるべく広げないようにするためには

広げてしまう食材を把握し、自分え調整するひつようがあります。

 

血管を広げてしまう栄養素には、

  • ポリフェノール
  • チラミン
  • グルタミン酸ナトリウム

 

以上の3つが主に挙げられます。

 

ポリフェノール

 

「ポリフェノールは体にいい」

 

というイメージを持っている人も多いと思いますが、

頭痛の原因となる血管の拡大を引き起こす最たるものです。

 

ポチフェノールを多く含む食材

・・・ワイン、チョコレート

 

チラミン

 

チラミンは、摂取直後は血管を収縮させますが

その後に拡大させる作用があり、そのギャップによって頭が引き起こされます。

 

チラミンを多く含む食材

・・・チーズ、たまねぎ、チョコレート

 

グルタミン酸ナトリウム

 

グルタミン酸ナトリウムは、特に脳の血管を広げる傾向があるため

含んでいる食材は、非常に頭痛を引き起こしやすい食材になります。

 

グルタミン酸ナトリウムを多く含む食材

・・・コンビニ弁当、スナック菓子、ジャンクフード全般

 

アルコール・カフェイン

 

以上の3栄養素以外にも、「アルコール」は忘れてはなりません。

 

二日酔いの頭痛を経験したことがある人は分かると思いますが

血管の伸縮と、血液への頭痛を引き起こす物質の流入が

同時に起こるため、頭痛が起こるのは避けられません。

 

また、少量のカフェインは頭痛薬にも含まれ

頭痛の沈静に効果がありますが、過剰摂取はその逆になります。

 

ワインとチーズの組み合わせ、コーヒーとチョコレートの組み合わせは

非常に相性がよく、ついつい食べ過ぎてしまいがちですが

 

日常の中にも、こういった非常に危険な組み合わせがあります。

 

自分でも思い当たる節があるか、思い出してみましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ