雑記ブログ

支離滅裂雑記外伝

メチャクチャなことに意味がある

極端に肌の弱いの子供にも使える乾燥を防ぐための保湿ローション


乳幼児が口にするもの・触れるものというのは

ただでさえ、神経質になってしまうものであり

敏感・アレルギー体質を持ったお子さんであれば尚更です。

 

あまりに幼い時点では、まだ本当の体質は判断できず

また早々に決めつけてしまうことは、危険なことでもありますが

ある程度は、どのような肌質なのかは予想がつくことも多いです。

 

 

乾燥肌という「体質」に関しては、基本的に一生変わることがなく

基本的には、幼い頃からずっと「どちらかというと乾いている」状態が続きます。

 

場合によっては「アトピー性皮膚炎」といった、極端な場合もありますが

まずは極端な状態(極度乾燥)を回避できるように見守ってあげる

また成長と共に、自分でケアできるようにしてあげることが重要になります。

 

弱いからこそ特別なケアで守ってあげることが必要

 

乾燥肌の人というのは、潤いの基礎中の基礎である水分補給や

皮脂の分泌を促すために「脂質」の摂取を意識することが推奨されます。

 

また、肌の健康のためには「ビタミン」といった補助栄養素も重要であり

これらが不足することによって、あからさまに不具合が出ることも珍しくありません。

 

体の中からの、保湿への働きかけに関しても

肌の健康とって、非常に重要なものになります。

 

しかしながら、こういったことを判断できるのは大人になってからであり

幼いうちは、より「簡単なこと」主に「塗るだけ」で対処できることが望ましいと言えます。

 

外部的なケアとは「一時的」なものであること

根本的な改善策にならないからこそ、存分に活かすべきであり

「クリーム」「ローション」のが持つ、その最大の目的は「乾かさない」ことです。

 

至極当然のことになりますが、「保湿する」ことをだけを求め

更に「肌に優しい」といった要素と合わせて、選ぶことになります。

 

クリームとは「治すためのもの」でなく「守るためのもの」なのです。

 

過敏肌におすすめの保湿ローション

 

乾燥したhだを持つお子様向けのアイテムは、幅広く販売されていますが

その中でも、特に好評を受けているものを紹介します。

 

肌が乾燥してしまう原因が水分の蒸発と同時に、外部からの刺激にもあるとして

「肌を守る」ための「バリア機能」を徹底的に追求した「保湿ローション」になります。

 

その働きの核を成す、「カラギーナン」と呼ばれる「スギノリ」由来の天然成分は

大人用・女性用化粧品を含めて、現在の保湿アイテムに主流となっています。

 

その他にも、「セラミド」を代表とした

肌を守る・強化する質の高い成分が、しっかりと配合されています。

 

幼い子供にとって、最も重要である「守る」という考えが中心となっており

加えて、なぜここまでおススメするかというと

とにかく「肌の弱いお子さんを持つお母さん」からの評判がいいことです。

 

こういったアイテムは、大人用・女性用という印象がありますが

「プルミー」に関して、最も多く感動の声を挙げているのは

お子さんの肌質に悩んでいたお母さん方であり、もちろん支持をしている層になります。

 

お子さんに利用したことが、ここまで好評を受けているのは

<保湿ローション>としては、非常に珍しいことでです。

 

そして、そういったことから導き出される考えとして

幅広い子に効果がある、どんな子でも使いすいということが言えます。

 

こういったアイテムというのは、「合うか合わないか」ということが

非常に重要であり、幼い子供に使うのであれば尚更であり

「利用者が多い」ことは、試すためのハードルを低くしてくれるはずです。

 

>>ライブチャットレディの仕事の始め方

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ