雑記ブログ

支離滅裂雑記外伝

メチャクチャなことに意味がある

妊活サプリも「コスパ」で選ぶ時代


「妊活サプリ」は、薬局などで見かけるような

「一般的なサプリ」とは、様々な面で異なるものになります。

 

数ある「違い」の中でも、

  • 含まれる栄養素に期待する高価
  • 価格(一般的に1カ月程度で小分けで販売)

 

これらは「普通のサプリ」とは、特に大きく差別化されているものになります。

 

 

「妊活」という、ある意味で「特殊」な課題への

アプローチに利用されるアイテムであり、一般的に「サプリ」と聞いて想像される

「美容」「健康」等の目的とは、違った要素があることは理解されると思います。

 

そして、この「効果」と「価格」に関しては

それぞれが、それぞれに大きく関係しているものであり

「適切」なものを選ぶことで、より効果的な妊活を進めることが出来ます。

 

しかしながら、金銭的な事情によって「手が出せる」ものに限界がある

カップルがいるということも事実であり、そういった場合には

「あらゆる面」で、自分達に相応しいサプリを選ぶ必要があります。

 

「価格」を決めるのは基本的に「配合成分」

 

そもそも「サプリ」とは「栄養補助」を目的として利用するものであり

「特定」の栄養素に「特化」した「粒状(基本的には)」のアイテムです。

 

清涼飲料水の中には「レモン○○個分のビタミンC配合!」

といったような、キャッチコピーが付けられたものが販売されていますが

サプリとは、そのドリンクを「1粒」に凝縮したうえに

  • 「一定の量」を摂取する必要がない
  • 「量」がないことによって「カロリー」が少ない
  • 味覚的な「好き嫌い」がそれほど関係ない

 

といった、特徴(メリット)があります。

 

そして、当然のことではありますが

含まれている成分が「希少(貴重)」であればあるほどに

「価格」が上昇していくことになります。

 

妊活サプリに限らず、あらゆるサプリ・全ての商品に対して

当てはまることでもあり、常識的なことでもあります。

 

しかしながら、妊活サプリに含まれる成分は

希少なものが多く「基本的に高価」であると言えます。

 

一般的な栄養素で十分であれば

「どこにでも売っているような」サプリでも代替することが出来ますが

その「目的」の性質上、どうしても特殊な栄養素を配合することになります。

 

妊活において「コストパフォーマンス」

「無駄な出費」という言葉を、使うべきではありませんが

「経済的な事情」から、出来ることに「限界」があることもまた事実です。

 

不妊治療における課題に関しても、この金銭面が関わることが多く

夫婦が不仲に陥ってしまう、大きな要因の1つになります。

 

そういった面から、このサイトでは

「不妊治療」におけるリスクを、少しでも減らすため

早い段階において、妊活サプリを利用し始めることを勧めているのです。

 

そして、その際に「少しでも負担を減らすため」には

やはり自分達の「その時」の体に、最も効果のあると

「見込める」ものを選ぶことが大切になります。

 

とにかく「一定期間続ける」ことが重要な要素であり

そのため、妊活サプリは「定期購入」といったシステムが

一般的になっている、典型的なアイテムでもあります。

 

妊活サプリ選びの判断基準

 

どういったことを考慮して、自分達に相応しいと判断するかは

その人の・その時の体の事情であり、時期(状況)によって変わります。

 

そして、本人しか、また本人でも判断出来ないことも多いと思います。

 

そういった場合には、特に「早い段階」であれば

まずは「トータル妊活サプリ」から始めることをおススメします。

 

「ベルタ葉酸サプリ」は、非常に長きに亘り

多くの妊活カップルに利用されてきたものであり

安心して「始めやすい」アイテムになります。

 

また妊活成分を中心として、一般的な栄養素も含まれており

「栄養補助」として、健康面を補うアイテムとして「普通の使い方」も出来るため

「まだそれほど焦っていないけど」といった場合にもおススメです。

(男女・カップルで一緒に利用出来ます。)

 

価格面に関しても、他のサプリに比べて比較的低価格であり

そういった面からも、多くのカップルに支持されています。

 

 

また、一般的な栄養素は十分に摂取している自信があるカップルは

「足りていない傾向のある」栄養素を含んだサプリがおススメです。

 

特定の成分の「過剰摂取」のリスクを減らすことができ

「妊活のための栄養素」を「効率的」に摂取することがコンセプトでもあります。

 

こちらのサプリに関しても、価格面から負担が少ないものの1つです。

 

 

「近道」になるように

 

その女性にはその女性の、その男性にはその男性の

そして、そのカップルにはそのカップルの事情があります。

 

「見えない要素」「結果が分からない」ことに関して

お金を使う・期待するということは、不安があって当然です。

 

しかしながら、迷っている時間があるのであれば

「その分早く始める」ことで「うまくいかなかった」としても

本格的な不妊治療といった「次の段階」へも、早く進めることになります。

 

だからこそ、最初の挑戦は早く決断すべきことになります。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ